オエストロジェルの使い方は?頻度や使用量について紹介

12月 16, 2019

\90秒で注文完了/オエストロジェルの購入はこちら
ジェルのイメージ画像 適切にオエストロジェルを活用することによって、更年期障害などの辛い症状を緩和していくことが可能になります。

とはいっても、通販を利用して購入する場合は使用は全て自己責任となってしまいますし、適当に使ってしまえば当然効果を実感することが出来なくなってしまうなんて言うこともあるでしょう。

更に、間違った用法で副作用に悩まされてしまうなんて言うこともあります。

副作用が出てしまって辛い思いをすることになっても、全ては自己責任となるため何かしらに頼ることも難しくなります。

だからこそ、適切に用法用量や使用頻度といった基本的な知識を得た上でオエストロジェルを使うのが必要不可欠なのです。

オエストロジェルを適切に使うための用法用量は!?

オエストロジェルを利用する場合の用法に関しては、利用者の症状によって変わってきます。

また、MtFの方が女性化を目指して利用する場合の用法に関しては、摂取したい女性ホルモン量を逆算しながら用量を決めていきます。

 

塗布する場所は更年期障害には腕、女性化には胸が基本!

適量のオエストロジェルを手に取った後は、塗布するだけです。

・更年期障害の改善を目的としている場合は、肩から手首にかけての腕に塗布します。

・女性化を目指す場合は、胸に対して塗布していきます。

吸収効率を高めるために粘膜に対して塗布しようとされる人もいるようですが非常に危険であるため厳禁です。

また、更年期障害の改善を行うために胸などに塗布することも厳禁となっています。

これには理由があり、胸へ塗布することによって乳がんや子宮内膜癌などのリスクが高まってしまうためです。

通販を利用する人MtFの方が塗布する場合は、もともとの女性ホルモン量が少なかったり、子宮などがないためそうしたリスクを軽減できるため可能なのです。

まんべんなくオエストロジェルを塗布した後は、適切に乾燥させましょう。

乾燥させた後は、そのまま洗い流したりしないようにすることも重要です。早く洗い流してしまいたいという気持ちもわかりますが

すぐに洗い流してしまえば、当然有効成分である女性ホルモンが経皮吸収される前に洗い流されてしまう事にもつながります。

そうなれば、更年期障害の改善効果だったり肉体の女性化といった効果を実感できずないままになってしまいます。

どれだけ適切な用量を手に取って塗布したとしても、その成分が十分に吸収されなければ意味がなくなってしまうので、十分に吸収させるようにしましょう。

 

オエストロジェルを使う頻度は?

オエストロジェルを使う頻度は、基本的に1日1回です。

1日2回にしたり1回で塗布する量を大きく引き上げたりすることは、副作用のリスクを大幅に高めてしまいます。

更に、用量や回数を増やしても医薬品の効果が高まったりするといったことは、基本的にありません。

副作用のリスクだけが高まってしまうと考えて、適切な用法用量を守って利用するようにしましょう。

 

オエストロジェルを使ってはいけない人がいる!?

悩んでいる人通販で簡単に手に入れることができるオエストロジェルですが、利用してはいけない人がいます。

では、どういった人がオエストロジェルを利用することが出来ないのでしょうか?

オエストロジェルを利用できない人は大きく分けて2通りに分けられます。

1つが、女性ホルモン由来の疾病を患っている方や、女性ホルモンが症状を悪化させてしまうリスクがある疾病を患っている方です。

前述したように、女性が胸にオエストロジェルを塗布すると、癌などのリスクがあります。

当然、既に乳癌や子宮内膜癌を患っていいる方は、それぞれの症状が悪化してしまうリスクが高まります。

 

基本的に、併用禁忌薬と呼ばれるような飲み合わせが出来ない医薬品はありません。

しかし、併用することでリスクが高まってしまうような併用注意薬はあるので、オエストロジェルを使おうと考えている場合には

そうした部分にも気を付ける必要があります。

 

オエストロジェルの使い方や注意点のまとめ

オエストロジェルのパッケージオエストロジェルを用いて更年期障害の改善や肉体の女性化を目指す時に絶対に知っておかなければならない、用法用量や使用頻度について紹介してきました。

利用する人によって、用量は変化しますし目的によって塗布する場所にも違いがあります。

利用する場合は何の為に使うのかという事を考えた上で適切に利用するようにしましょう。

どのような医薬品にも言えることですが、用法用量を守らず使えば副作用などのマイナス部分のリスクが大きく跳ね上がるだけでなく、効果を得ることが出来なくなってしまうこともあります。

病院で処方してもらった場合、そうした副作用が発症したとしても様々な法律を使う事が可能ですが、個人輸入などの通販でオエストロジェルを購入した場合は別です。

適切な用法用量を把握して、安心して利用できるようにしていきましょう。

オエストロジェルの購入はこちら