通販で購入できるオエストロジェルの副作用について

7月 23, 2019

\90秒で注文完了/オエストロジェルの購入はこちら
ジェルのイメージ画像オエストロジェルは、更年期をはじめとする女性の体の悩みに効果的な、女性ホルモン補充剤です。

オエストロジェルには、女性ホルモンの中でも強いホルモンだといわれるエストラジオールが配合されています。

急激な女性ホルモンの減少や肌荒れ、女性化を希望するトランスジェンダー女性の悩みに効果を発揮するものです。

しかし、効果の大きい薬にはどうしても副作用のリスクが潜んでいます。

特に女性ホルモンに影響を与える有効成分には、女性特有の副作用を引き起こす可能性が大きく考えられます。

オエストロジェルを使用する時は、使用によって生じる恐れのある副作用のリスクや特徴を確認した上で使用しましょう。

薬に副作用のリスクは付き物

湿疹

オエストロジェルは皮膚に直接塗って使用するタイプの薬です。

そのため、肌の状態や体質によっては塗った部分が赤くなったり、痒みが出てくることがあります。

症状としては軽度の副作用に挙げられるものですが、このような皮膚の症状が強く現れた場合は、医師に相談してください。

怪我や腫れなどがあれば、その部分に直接塗布しないようにしましょう。

吐き気や嘔吐

皮膚から吸収されたオエストロジェルが体内の臓器に作用して、吐き気・嘔吐を引き起こすことがあります。

このような症状は薬を使用するうちに体が慣れて軽減されていくので、重く捉える必要はないでしょう。

性器出血

オエストロジェルによって体内のホルモンバランスに影響を与えると、生理周期に異変が生じたりすることで突然の出血が見られる可能性があります。

この症状も軽度の副作用とされており、使用を続けると次第に落ち着いてきます。

乳房痛

女性ホルモンへの作用から、乳房の張りや痛みを引き起こすことがあります。

症状も、オエストロジェルの使用を続けるうちに軽減されていくことがほとんどです。

しかし、オエストロジェルを長く使用し続けると乳がんの可能性を少し高める恐れが出てきます。

使用を長期的に継続していくときは、乳がんの検診を受けるように心がけてください。

血栓症

オエストロジェルによる作用でホルモンの変化が起きると、血液が固まりやすくなり、血管が詰まったりすることがあります。

が血栓症といわれる症状です。

血栓症は滅多に生じませんが、重度な副作用のひとつに挙げられます。

手足の痛みやしびれ、言語障害、胸の痛みなどの血栓症らしき症状が見られたら、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

アナフィラキシー症状

滅多に見られませんが、まれにアナフィラキシーのような症状が生じることがあります。これも重度の副作用のひとつに挙げられますので、症状が確認されたら早めに病院に行き、診察を受けてください。

 

オエストロジェルを安全に使用するため、定期的な検診を

女医と看護師ここまで、オエストロジェルの副作用のリスクについて挙げてみました。

女性ホルモンのエストラジオールを配合する薬には内服タイプのものがあります。

一般的に、内服タイプの薬は皮膚に塗布する外用タイプも効果が大きいとされています。

しかし効果が大きくなれば、それだけ副作用のリスクも高まることになります。

オエストロジェルは使用を長く続ける必要がありますが、副作用のリスクを軽減させながら治療できる薬です。

オエストロジェルをさらに安全に使用するための対策としては、使用中に定期的な検診を受けることが重要です。

女性の方が使用する場合は、オエストロジェルによるホルモンバランスの作用が体にどのような変化を与えているのか、自分の体がどのような変化を起こしているのかを知っておく必要があるでしょう。

 
オエストロジェルの購入はこちら